movie-event01

映像・イベント

印刷媒体からデジタル媒体へ

印刷媒体から映像媒体まで、空間から環境へと、企業コミュニケーション・メディアは広がります。
IPAは、企業コミュニケーションのための多様なメディア空間の創造に挑戦します。

go-top
ips-inquiry

 コラム③ IPA編集者スピリット
それは大阪万博から始まっていた

 IPAのイベント・プロデュース実績は、大阪万博(日本万国博覧会、1970年)に遡ります。
 当時、「日立パビリオン」のプレゼンチーム(リーダー:片方善治工学博士)に参加、企画提案作業を行いましたが、残念ながら不採用に終わりました。
 しかしその後、神戸ポートピア(神戸ポートアイランド博覧会、1981年)、つくば博(国際科学技術博覧会、1985)、横浜博覧会(1989年)などの企画提案、プロジェクト制作などを経験。ビデオアーチスト山口勝弘、CGアーチスト 河口洋一郎、写真家 塚原琢哉、各氏の作品展や映像作品制作などの実績を重ねてきました。スローライフ時代に先駆けた「SLOW展」の準備のため、イタリア・ウンブリア州のファゾラ・ボローニャ家の居城で飲んだワインの美味しかったこと。
 これらの空間創造プロジェクトの経験が、クライアントの周年事業や新製品・新技術発表会、学会、団体のイベント企画に生きています。

go-top