個人情報保護方針

基本理念
株式会社インダストリアル・パブリシティ・エージェンシ(以下IPA)では、顧客企業からの受託業務において提供された氏名・住所・電話番号等「個人情報」に関して、その重要性を認識し、適切に保護することが社会的責務であると考えます。以下にIPAの個人情報保護に関する基本方針を明確にし、順法精神のもと、細心の注意を払って業務の遂行に努めます。

基本方針

1. 個人情報保護に関する意思統一の徹底
個人情報の取り扱いについては、「個人情報の保護に関する法律」(平成十五年五月三十日法律第五十七号)、及び「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項」(JISQ15001)などに準拠して、厳正な管理のもとで行います。

2. 個人情報の取得
IPAは、個人情報の入手を適法かつ公正な手段によって行い、その使用目的を明確にするとともに、本人の意思に反する不正な方法により入手いたしません。
またIPAが入手した個人情報に関して、本人の許可・同意なくこれを開示・訂正・削除等を一切いたしません。また本人からの要請により自己の個人情報について開示・訂正・使用停止・削除等を求める場合、社会通念に則り速やかに対処するよう努めます。

3. 個人情報の利用
入手した個人情報(住所・メールアドレス・電話番号等)は、所定の目的以外には使用しません。個人情報の目的以外の利用、通常利用場所からの持ち出し、外部への送信等の個人情報の漏洩行為を行いません。利用後は顧客との取り決めにより定めた規定に従い処理します。

4. 個人情報の提供
IPAは、個人情報を印刷会社・デザイン事務所など第三者との間で共同利用したり、業務を委託するために個人情報を第三者に委託する場合、当該第三者について調査し必要な契約を締結し、その他法令上必要な措置を講じます。

5. 適切な情報セキュリティ対策の実施
個人情報に関するリスクを把握し、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、流出、漏洩などの予防やセキュリティ対策を講じます。

6. 法令・規範等の遵守
個人情報の保護に関する法令、および行政機関等が定めた個人情報に関する条例、規範を遵守します。また顧客の定めるガイドライン、指示などに従います。

7. 従業員教育の実施
個人情報保護の重要性の理解を促進するとともに安全性と信頼性を確保するため、従業員に対する教育を徹底します。

IPA㈱インダストリアル・パブリシティ・エージェンシ
代表取締役社長 前田 義寛